CRM/SFAの導⼊ならクラウドインテグレーター「アイ・エス・アイソフトウェアー」

「Oracle Engagement Cloud」
導入サービス

市場の変化やお客様のニーズに合わせて、
短期間での導入・稼働を実現します。

定着化支援

導入したクラウドサービスを“活用”“定着化”するための支援を行います。
各種サービスメニューを取り揃えており、個別相談も行っています。

定着化のための運用改善支援

システムを導入しただけでは効果は得られず、実際にはシステムの利用が定着化し、有効に活用できてはじめて導入効果が得られます。
そのため、現場に定着化するため、運用改善策を成功事例を踏まえてご提案します。

保守・運用サポート

無事に移行が完了したとしても、その後の運用管理もこれまでと同様、重要な事柄です。
私たちはお客様のご要望に応じて様々な運用管理メニューを準備しています。

技術サポート

標準サポート時間は平日9-17時ですが、お客様のニーズに応じた対応が可能です。
また電話対応も行っており、迅速な対応をご提供することが可能です。

追加要件のサポート

導入後に発生する現場からの要望や、業務フロー、取り扱い商品の変更などに対する設定変更などサポートします。

いち早いシステム定着化のため、
私たち専門家のノウハウを活用することには多くのメリットがあります。

「Oracle Engagement Cloud」
導入の流れ

STEP.1  要件定義

要件定義

お客様の業務内容や既存システムの利用方法をヒアリングし、「Oracle Engagement Cloud」がご要望に合わせられるかを検討します。
「Oracle Engagement Cloud」の導入が実現可能である場合、導入効果や詳細の説明、運用方法の説明をします。

STEP.2  環境構築

環境構築

エンジニアが環境の初期設定を行います。その後、ヒアリングした要望をもとにシステムの利用環境を構築します。デモによる画面確認を実施することで具体的なイメージを持った状態でのカスタマイズが進められます。

STEP.3  稼働

稼働

既存のシステムからのデータを加工し「Oracle Engagement Cloud」へ移行を行っていきます。
データ移行が完了しましたら即時「Oracle Engagement Cloud」の利用を開始することが可能になります。

STEP.4  保守・運用サポート

保守・運用サポート

システムは導入したらそれで終わりではありません。システムの利用が定着化し、有効に活用できてはじめて導入効果が得られます。
私たちは「Oracle Engagement Cloud」の定着化支援、システムの最適化などの保守・サポートも行っています。