HOMEサービス

サービス

「Salesforce」導入サービス

市場の変化やお客様のニーズに合わせて、
短期間で導入・稼働を実現します。

市場の変化やお客様のニーズに合わせて、短期間で導入・稼働を実現します。

セールスフォース・ドットコム社のクラウド型CRMアプリケーション「Salesforce CRM」と開発プラットフォーム「Force.com」は、
世界で100,000社以上のあらゆる業種、規模のお客様が利用しております。
営業活動をはじめ、サービス&サポート業務、マーケティングなどの効率化、見える化など実現します。

定着化支援

導入したクラウドサービスを“活用するため”“定着化する”ための支援を行います。
各種サービスメニューを取り揃えております。また個別相談も行っています。

追加カスタマイズのサポート

導入後に発生する現場からの要望や、業務フロー、取り扱い商品の変更などに対するカスタマイズをサポートします。

定着化のための運用改善支援

システムを導入しただけでなく、システムの利用が定着化し、有効に活用できてはじめて導入効果が得られます。
現場に定着化するための、運用改善策を成功事例を踏まえてご提案します。

導入研修・トレーニング

システム管理者、ユーザへの導入研修やトレーニングを支援いたします。

保守・運用サポート

無事にクラウドへ移行できたとしても、その後の運用管理はこれまでと同様、重要な事項です。
私たちはお客様のご要望に応じて様々な運用管理メニューを用意しています。

技術サポート

標準サポート時間は平日10-18時ですが、お客様のニーズに応じた対応が可能です。

導入研修・トレーニング

クラウド上での運用における技術サポートをご提供します。

革新の早いクラウドサービスだからこそ、
私たちのようなスペシャリスト集団のノウハウを活用することには多くのメリットがあります。

革新の早いクラウドサービスだからこそ、私たちのようなスペシャリスト集団のノウハウを活用することには多くのメリットがあります。

「Salesforce」導入の流れ

STEP.1 要件定義
要件定義
お客様の業務や既存システムの利用方法をヒアリングし、ご要望と「Salesforce」の特徴とがマッチするかを判断します。
「Salesforce」の導入が実現可能である場合、導入時の大まかな特徴や運用方法などをご提案し、導入によってどのような効果があるのかをご説明します。
STEP.2 カスタマイズ
カスタマイズ
エンジニアが最適なカスタマイズや初期設定を行います。
業務内容や利用方法を具体的にヒアリングし、その内容で最適化されたシステムの利用環境を構築します。
実際に動くデモをご覧いただきながらカスタマイズを進めていきますので、導入後の運用をより具体的にイメージいただけます。
STEP.3 稼働
稼働
「Salesforce」へ登録が必要なデータをお持ちの場合、ご用意いただいたデータを加工し、「Salesforce」へ登録を行います。
データ移行が完了次第、「Salesforce」のご利用を開始いただけます。
STEP.4 保守・運用サポート
保守・運用サポート
システムは導入して終わりではありません。システムの利用が定着化し、有効に活用できてはじめて導入効果が得られます。
私たちは「Salesforce」の定着化支援、システムの最適化などの保守・サポートも行っています。

「Force.com」開発サービス

より迅速で費用対効果が高い
アプリケーションの開発と配布のモデルを提供します。

「Force.com」は「Salesforce」CRMアプリケーションと同一のインフラ上で、ISVや企業内のIT部門がビジネスアプリケーションを開発し、
運用するための統合されたツールとアプリケーションサービスのセットです。
「Force.com」プラットフォーム上では、既に100,000以上のビジネスアプリケーションが運用されています。

「Force.com」とは

1.ソフトウェアもハードウェアも不要

インターネット接続さえあれば、「Force.com」の業務アプリケーションプラットフォームにアクセスできます。ハードウェアやソフトウェアの購入、インストール、設定、管理は一切必要ありません。

2.利用に応じた課金モデル

「Force.com」プラットフォームとそこで運用されるアプリケーションはインターネット経由でサービスとして提供し、その利用に応じて課金される仕組みになっています。

3.短納期、高品質を実現

「Force.com」プラットフォームでは、これまでのシステム開発の常識を打ち破るほどの短納期で、⾮常に高品質なシステムを構築することが可能です。

4.迅速な結果

「Force.com」プラットフォームを活用すれば、企業はただ稼動させておくためだけに費用を支払うのをやめ、真のビジネス価値を生み出す新しいアプリケーションの作成をはじめることができます。

クラウドの導入においては、そのクラウドで最適な設計を行う必要があります。
私たちは「Force.com」の豊富な実績を活かし、どのような設計であればメリットが引き出せるのか、
運用が楽になるのか、最適な設計を行い、お客様からのご要望があれば構築までを一貫して請け負います。

クラウドの導入においては、そのクラウドで最適な設計を行う必要があります。私たちは「Force.com」の豊富な実績を活かし、どのような設計であればメリットが引き出せるのか、運用が楽になるのか、最適な設計を行い、お客様からのご要望があれば構築までを一貫して請け負います。

「Force.com」開発の流れ

これまでのクラウドビジネスのノウハウをもとに要件定義〜本番稼働の一連の流れをサポートし、
お客様のアプリケーションをスムーズにクラウド上で稼働させます。

STEP.1 要件定義
要件定義
システム要件のヒアリングを行い、システム化範囲を明確化します。
画面、帳票の用途や、他システムとの連携有無などに基づいて、Force.comを最も有効に活用できるシステムをご提案します。
STEP.2 開発フェーズ
開発フェーズ
「Force.com」プラットフォーム上にプロトタイプを作成し、実際に動くデモをご覧いただきながら詳細な要件をヒアリングします。
プロトタイプに対し、お客様のご要望を徐々に開発していき、一定間隔でヒアリングと開発を繰り返します。
STEP.3 テストフェーズ
テストフェーズ
十分なテストに加え、お客様にも構築したシステムを本番稼動前から操作していただけます。
STEP.4 運用開始
運用開始
初期データの登録などを済ませ、実際の運用を開始します。 ご要望により、操作マニュアルの作成も可能です。