HOMEセキュリティ特集

セキュリティ特集

セキュリティ特集

はじめに

日々メディアを賑わせるサイバー攻撃に関するニュース。
(私たちの立場としては、ようやく取り上げてもらえるようになったという思いもあります)

 「A社で1万人の個人情報が漏えいしました」
 「Bというソフトウェアに脆弱性が見つかりました」

これらは、多くの方が現実に起こっていることを知り、備えていくために重要な情報です。
しかし、それだけでは推し量ることのできない思惑の向こう側にサイバー攻撃の実情があります。

私は、サイバーセキュリティ企業への投資や経営に参画することで、2017年1月現在34ヶ国の
金融機関や通信会社をはじめとした企業や政府、研究機関などにその技術を提供することで、
サイバー空間の現実を見続けています。

サイバーテロやサイバー犯罪など、サイバー空間の脅威は日々巧妙かつ大規模化してきており、
このことをどこかでお聞きになられたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

実際、私どもで運営するオペレーションセンターからもこのことを如実に表す変化を感じ取っています。
攻撃元のロケーションは巧妙に偽装されており、真に正確なものだけではないにしても、
「月金9時5時(月曜日から金曜日の、朝9時から夕方5時の間)」のタイムゾーンにある
ロケーションからの攻撃が明確に多い現状が読み取れます。

この傾向はこの10年、特に顕著になってきており、それ以前は平日であれば深夜、
もしくは休日に多く行われていたサイバー攻撃とは、全く逆のパターンを示しています。

つまり、このことは主に技術に対する探究心や自己顕示欲「など」を動機として、
会社や学校から帰宅した後に愉快犯的に行われていたサイバー攻撃が、
何者かの指示や依頼の元に金銭授受を伴った経済活動へと変遷してきているということを
端的に物語っています。

当然、サイバー攻撃を行う時間帯の変化のみから、このような解を導き出すことは不可能です。
そこで、この特集ではサイバー攻撃とその周辺で起こっていることを通して
技術論に終始することなく、徐々にサイバー空間の現実を解き明かしていきたいと思います。

執筆者

足立 照嘉

足立 照嘉

千葉大学大学院在学中にIT企業を設立し、以降国内外のサイバーセキュリティ関連企業への投資や経営に参画。
2017年1月現在で34ヶ国に展開し、サイバー空間をリアルとの双方向から観測し研究中。
テレビのコメンテーターなどにもアドバイスを行なっている。